葉酸は胎児の健康な成長を促すために

皆さんは「妊娠したら、まず葉酸」という言葉をご存知ですか?近年、胎児の成長に重大な働きをもたらす葉酸に注目が集まっています。

厚生労働省が推奨するように、妊娠における葉酸は重要な働きをする栄養素なのですが、仮に葉酸が欠乏してしまうと、どのようなリスクがあるのでしょうか。

葉酸の働きとは、細胞分裂を促すものです。

赤ちゃんに葉酸が欠乏した結果、先天性の障害を発症する要因になると知られています。

また、葉酸の摂取は、ダウン症予防にも効果があるので、より積極的な摂取が求められます。

妊娠初期の女性に欠かせない葉酸は、細胞の分裂を促進し、血液を作る作用があります。

それは不妊治療にも効果を表し、子宮に受精卵が着床するのをサポートするので妊娠のチャンスが直接的に増えるというわけです。

また、葉酸で血液が増えれば血行が良くなるだけでなくホルモンバランスが良くなり、不妊対策に良い結果をもたらすのです。

葉酸とは、普段はあまり聞きなれない言葉ですが、妊娠すると絶対に聞く栄養素、ビタミンの一種なんです。

母子手帳にもその摂取が必要だと書いてあるほどの大切な栄養素です。

積極的に取り入れることをおすすめしたいです。

ネットでも葉酸が手軽に摂れるようなサプリもたくさんの数が売られています。

私は葉酸のサプリメントを毎日摂取を続けているんです。

飲み方についてはとても簡単です。

飲みやすい大きさのサプリなので、多めのお水と一緒に飲むだけで済むのです。

ニオイなども飲みやすいものですし、飲み忘れないようにだけ気をつければいいのです。

私は葉酸を飲んでいるのは、赤ちゃんのためなのはもちろんですが、母親の体のためにもなると聞いたので、今後も継続して飲んでいきたいと思います。

だいぶ前に友人に聞いたピジョン葉酸サプリは非常に良いものだと思います。

妊娠中に必要不可欠な栄養素を補給してくれるのです。

それだけではなく、ずっと困っていた冷え性も改善して気がします。

葉酸サプリは赤ちゃんのために飲み始めたのですが、結果的に私の体調も良くなりましたので、産後も飲み続けようと思います。

ビタミンB群のひとつである葉酸は、ほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。

妊娠前から妊娠3ヶ月ごろまでの妊婦さんにとって、特に摂取を心がけてほしい栄養素で、流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを下げる効果が認められています。

厚生労働省が推奨するように、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際に食事だけでまかなおうとするのはなかなか大変なようです。

そのような場合は葉酸サプリで摂取するのも問題ありません。

妊婦にとって重要な栄養素である葉酸、女性の不妊に関係する成分である鉄分は、得てして不足しやすいという特徴があります。

普通の食生活で推定される摂取量では、なかなか理想的な摂取量を満たすことは難しいようですので、サプリ等を利用して、不足しがちな栄養素を十分に補給するようにしましょう。

葉酸と鉄分、どちらも入ったサプリも見かけますから、葉酸と鉄分が両方入ったサプリを選べば、適切な摂取量を簡単に摂ることが出来ます。

妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。

葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。

そのため、妊娠初期に十分な葉酸を摂取できない場合は、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症するリスクが高くなるという話があります。

細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。

この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊活中から妊娠3か月の期間、食事で摂取する分の葉酸以外に、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。

妊活の時に、本を買って「産み分け」について学びました。

長男を出産した後でしたので、次の子は女の子が欲しいと考えていたからです。

本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが掲載されていたので、それを見ながら産み分けに挑戦してみました。

妊娠した時は、産み分けの事がありましたから赤ちゃんの性別が分かるまでは緊張しましたが、産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。

主人も待望の女の子という事で大喜びでした。

2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。

長女が生まれているので夫は夫婦二人での受診には消極的で、一度言ったら気が乗らないふうだったので、まず、排卵周期を知る「タイミング療法」でトライしてみました。

1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、即、妊娠できるというわけでもなく、姉に勧められた葉酸サプリを飲み始めました(結構高いらしいです)。

私はラッキーだったのか、ほどなくして下の子ができました。

費用や時間で悩んでいたのが嘘みたいです。

私が以前友人に教えてもらったピジョンの葉酸サプリは大変良いサプリです。

妊娠中に摂取しなければいけない栄養素を補うことができるのです。

それだけではなく、ずっと悩まされていた冷え性も改善してきたようなのです。

葉酸サプリを飲み始めたのは赤ちゃんのためでしたが、私の体調も良くなってきたようなので、産まれた後も飲み続けるつもりです。

皆さんご存知のように、葉酸はおなかの中の赤ちゃんが健やかに成長するために、最も重要な栄養素のひとつであると言われています。

葉酸はビタミンの一種ですから、普段の食事にも含まれてはいるのですが、簡単に適切な量を摂取しようと考えるならば、サプリで摂ることが望ましいです。

それでは、葉酸サプリを飲む期間はいつがベストだと思いますか?多くの場合、妊娠前から授乳期を過ぎるまでサプリでの補給が望ましいとされています。

妊娠期間中、葉酸が最も不足しやすいのは、「妊娠初期の3ヵ月間」ではありますが、赤ちゃんだけでなく、ママの健康を支えてくれる点においても必要不可欠な栄養素です。

なので、妊活中の段階で、葉酸サプリを積極的に摂取し、授乳を完了するまでサプリを継続的に飲むというのが、一番理想的な葉酸摂取の方法だと言えるでしょう。

妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取するようにと言われるように、この二つは切り離せない関係の二つです。

その理由は、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。

当たり前ですが、妊活中であったとしても例外ではありません。

妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、妊娠に適した体で赤ちゃんを授かれるように、妊活中から葉酸を摂るように心掛けることをお勧めします。

葉酸の過剰摂取による副作用は、寝つきが悪くなったり早くに目が覚めてしまうといった不眠症の症状や、食欲不振や吐き気などの内臓疾患、あるいはむくみなどです。

妊娠初期は、多くの方が食事に気を配ると思います。

ですが、それでかえって過剰な葉酸摂取へ繋がることがありますので気を付けてください。

理想としては、1日3食の食事で葉酸を十分に摂取する事です。

しかし、毎食大量の野菜を食べ、その摂取量を考えるのも大変ですよね。

サプリを利用すれば、一日に葉酸をどれだけ摂っているのか管理しやすい為、推奨される摂取量をちゃんと摂りたい場合には是非試してもらいたいですね。

葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。

その効果は厚生労働省が正式に妊活中や妊娠中に適切に摂取するよう勧告していることからも、その効果が伺えます。

では、葉酸をたくさん摂った方が期待できるのでしょうか。

実は葉酸は、水溶性であるため、尿や汗と一緒に体外に出ていくので、体内に蓄積するということはありません。

とはいえ、過剰摂取によって最悪の場合、呼吸障害や発熱、かゆみといった副作用を発症する恐れがあります。

葉酸サプリ等で葉酸の補給をする場合、提示された規定量を必ず守るようにしてください。

葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても摂取が推奨されている事をご存知ですか?実際に産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸サプリのサンプルを配っているところもあるそうです。

厚生労働省が推奨しているように、妊娠中の葉酸の摂取が大切なことが分かりますね。

とはいえ、妊娠期間中に葉酸を十分に摂れなかったのではないかと、心配している方もいますよね。

もし、こうした方法で摂取をしていなかったとしても、問題はありません。

葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でもホウレンソウなどの野菜やお肉にも多く含まれているんです。

ですから、普通の食生活を送っていれば、ある程度は摂取できるのです。

妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を自然な食べ物を通して摂取しようと葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性も少なくないですよね。

ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。

そのため調理のために加熱することで熱や水によって、食材から葉酸が失われてしまっているなんて事もあります。

一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が不足している、という場合もあります。

妊婦にとっての必要な栄養素というのはずばり葉酸です。

この葉酸が足りないと子供の脳や神経系に障害が残る危険が高くなります。

いつまでに葉酸を摂るのがよいかというと、脳や神経を形成する時期は妊娠3ヶ月以内といわれるので、この時期は絶対に葉酸を摂取することが重要です。

葉酸の摂取によって胎児の先天的な神経管障害が発症しにくくなることが判明しました。

こうしたことを踏まえ、適切な量の葉酸摂取を厚生労働省が勧告しています。

実際に葉酸サプリや補助食品として販売されているものの中には、特定保健用食品に指定されているものもあります。

こうしたものは、安全性と有効性の高さから赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話もよく耳にします。

今、二人子供がいます。

二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。

上の子が男の子でしたし、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。

排卵日の特定や時期の調節など、あくまで自分の出来る範囲でですが、産み分けを実践していました。

その後、無事に妊娠し、性別が確認されるまでは期待と不安でドキドキしていました。

結果は女の子だったので、とても嬉しく思っています。

どうぞご覧になってみてください